読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【節約徹底ガイド】

クーポンを厳選してご紹介

『格安SIMカード』でスマホ料金を大幅に節約

またまた、節約方法を発見しました。格安SIMカードでスマホ料金を大幅に節約が出来る方法です。

  

最近ニュースでも取り上げられる事が増えてきましたが、格安SIMカードをご存じだろうか。格安SIMカードとは、形態キャリア以外の通信事業者が発行する格安SIMカードで主に通信専用の格安SIMカードとなりますので、携帯電話での通話は出来ません。

 但し、無料通話が可能なLINEやケータイへも固定へもおトクにかけられる電話アプリ「050 plus」 などのアプリを利用した通話は可能ですので、ガラケーで携帯番号を保持しながら、ネット専用のスマホを持つ人には最適なのです。しかも月額利用料金が1,000円前後なので、スマホ携帯を持つよりランニングコストが、かなり安いです。

 

結果、最近のLTE化(回線の高速化)に伴い、スマホの月額利用料金が高くなっており、ガラケー(昔の携帯)が見直されております。ガラケーを電話機能だけに限定して利用すると月額\1,000前後で運用出来ます。

 

また、スマホの代役はGoogleが発売しているnexus7LTEモデルを利用します。これらはGoogleが販売しているタブレットで、値段は3万円前後です。性能の割に値段が安いと非常に人気の機種です。

 

この端末に「OCN モバイル ONE」の格安SIMカードを契約して差し込めば、月額1,000円前後で運用出来るスマホの代用品が完成です。 この方法であれば、かなり安いコストで通信費を運用出来ます。

 

━━━━━━━━━━━━━

【A】ガラケー+タブレット運用の場合

  ・ガラケー月額利用料金:980円

  ・OCN SIMカード月額利用料金:980円

  ・月額利用料金合計:1,960円

【B】携帯キャリアスマホ運用の場合(LTEスマホ場合)

・LTEスマホ月額利用料金:\6,000前後

【A】と【B】の差額⇒\4040也

━━━━━━━━━━━━━

毎月発生するコストなので、サラリーマンはやはり【A】になりますよね。 電車の中でも、最近、「Nexus 7」を利用するサラリーマンをよく見かけます。

2013年11月22日よりアップルオンラインストアーにてSIMフリーの「iphone5s」と「iphone5c」の販売を開始している。Google社もGoogleplayでも、SIMフリー端末の「nexus5」の販売をしている。海外では、キャリアに依存しないSIMフリー端末が主流で、ユーザーは家電量販店で、SIMフリー端末を購入し、自分に合ったプランを提供している回線会社のSIMカードを契約して端末に指して利用するスタイルとなっている。

日本では、スマートフォンが普及し始めて24か月縛りの月賦払いが終わり始める頃である。月賦を完済すれば、スマホ本体の所有権はユーザーのものとなるので、キャリアとの契約を解約しれも問題は無い。格安SIM会社はそれらのユーザーを狙っている。

流行りに乗ってスマホに移行したユーザーは、毎月支払う高額な利用料金に嫌気をさしているユーザーも多く、スマホを解約してガラケーに戻す人や、スマホを格安SIMカードに変更して、電話回線のみガラケーに戻すユーザーも増えて来ている。メールアドレスは、gmailにしてしまえば、ガラケーのメアドは不要になるので、シンプルに電話回線だけ利用すれば、月額1,000円前後で維持が可能となります。

今後、日本でもSIMフリー端末が普及して、海外のようなスタイルが普及すると思われるので、格安SIMカード業界は今後成長すると思われます。

【iphoneストアー⇒】

http://goo.gl/QsVHrx

カスタム検索